〒669-3572

兵庫県丹波市氷上町谷村1336

 

【お問い合わせ】

Email:lastpray_9@hotmail.com

(24時間対応)

Tel:090-1958-4902

(10:00~20:00)

カウンセリングは土日祝日もお受け致します。

 

※業者様の営業電話はご遠慮頂きますようお願い致します。

 


中期

①前兆期
②初期
③中期
④後期
⑤立ち上がり期

本人も周りも不登校生活にも慣れ始めたときです。
特徴として代表的なものを5つあげましょう

①昼夜逆転をしている
②テレビ、ゲーム、インターネットに没頭する
③高価なものをねだる
④長時間話をしてくる
⑤暴力行為をする


①昼夜逆転をしている
朝寝て夜起きるという生活が続いている時期です。しかしそれはある意味生活リズムが安定していると言えます。
生きていく上で必要な睡眠時間が確保できているのならば、また本人が「安心」した時間を過ごせているのならば、この時期は昼夜逆転の改善は考えないで結構です。

②テレビ、ゲーム、インターネットに没頭する
起きている間に、一日中行うことがあります。一見怠惰に見えるかもしれませんが、本人は決して楽しんでやっている訳ではありません。「現実逃避」を行うために、没頭していると言えます。
「そんなことしていないで、少しでも勉強しなさい」と言うのではなく、一緒にテレビを観たり、ゲームをしたりしてほしいと思います。

本人は1人でやるのが楽しいわけではありません。できれば誰かと同じ時間を共有したいのです。時間が許す限りおつきあいされることが大切です。

③高価なものをねだる
インターネットなどで、高価なものを購入しようとします。基本的には購入するということが大切です。両親が自分に対してどれだけ本気か試しているとも言えます。

ただし、各ご家庭の経済事情もありますので、これ以上は出費できないとなったときは、きちんとお話されることが必要です。本人は必ずしも本当に欲しいから購入しているわけではありません。きちんとお伝えになれば、ご理解いただけるでしょう。

④長時間話をしてくる
不登校をしている方は、基本的に1人で過ごすことが多いので、話し相手がいない生活を送っています。
ご家族が仕事から帰って来たら、つかまえるようにして、テレビニュースの話などを延々とすることがあります。
大切なのは、ご家族がお仕事をされている場合、身を犠牲にしすぎないということです。時間が許す限り話し相手にはなって欲しいですが、次の日に仕事があるのに遅くまでつきあっていては身が持ちません。仕事のことをきちんと伝えた上で、お付き合いされることが大切です。

また、ご家族のことを罵倒したり、聴くに堪えないことを発言することもあります。
実際に誰かを直接傷つけるのでは無い限り、まずはお話をじっくり聴くことが大切です。

⑤暴力行為をする
暴言や暴力により、実際に人を傷つけた場合は、きちんと「NO」を伝えることが大切です。
「殴らないで」と必ず言葉に出して伝えてください。
暴力が著しい場合は、警察を呼ぶなどの法的措置も辞さないという態度を見せましょう。
暴力に関しては決して甘んじず、毅然とした態度で対応しましょう。場合によっては離れて暮らすなどの対応も効果を発揮する場合があります。

【まとめ】
特にこの時期に必要なのは「ご家族のサポート」です。
お子さんへの対応で疲れてしまうこともあるでしょう。ご家族が疲弊しないように、カウンセリングなどの第3者機関にかかることも大切です。
ご家族に余裕ができると、お子さんへのいい効果を生む場合がありますので、第3者と連携を取りながら取り組んで行くことが大切です。

【学校との対応について】
この時期は先生によっては定期的な家庭訪問をされる方もいらっしゃいます。
お子さんの中ではそれを嫌がる方もいらっしゃるでしょう。
どうしても会うのが嫌な場合は、学校のプリントだけ持って来てもらう、というようにお伝えすることが大切です。
学校のプリントさえもいらない、読みたくないという方もいらっしゃるでしょうから、無理に本人に渡す必要はありません。
ご家族が月に1度なり定期的なご連絡を取るという形でも結構です。

不登校に関するご相談は下記よりご連絡ください。

お問い合わせはこちらです